なぜ歯槽膿漏になるのかを理解して対処をしよう

最大の原因は歯垢


歯槽膿漏の最大の原因は歯垢と言われています。普段歯磨きをするときは歯垢まで考えてやる人はいないのではないでしょうか。何となく歯磨きをしているだけでは、歯の表面に付着した汚れを取り除くことができません。この歯磨きの磨き残しが歯槽膿漏の原因となってしまいます。歯ぐきの境目に歯垢が溜まってしまうと腫れたり出血をしてしまいます。この段階であれば早期治療で改善することができますが、多くの人が症状が酷くならない限りは、なかなか歯科クリニックに行かないという人が多いです。

症状が進行してしまい歯槽膿漏になってしまうと、歯の周りが炎症をおこしている状態になってしまいます。歯肉の周辺が通常よりも赤くなってしまったり、腫れてしまったりします。最悪の場合は歯を支えている土台が溶けてしまいます。そうなると歯がグラグラと動くようになってしまい、最終的には抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

早期治療、早期予防で必ず防ぐことができる病気です。日頃から最大の原因となっている歯垢をしっかり取り除くように、意識をして歯磨きをすることで、歯槽膿漏になることを防ぐことができます。そして普段の生活の中で歯に違和感があるようだったらすぐに歯科医師の診察を受けるようにしてください。