なぜ歯槽膿漏になるのかを理解して対処をしよう

細菌と歯槽膿漏の関係


歯槽膿漏は歯垢だけでなく口内の細菌とも関係があります。普段の生活の中で口内の細菌のことを常に意識している人は少ないかもしれません。しかし口の中には300から500種類の細菌が存在すると言われています。これだけ細菌がいれば常に虫歯になってしまうと思いがちですが、歯磨きなどのケアをしっかりしていればこれらの細菌は悪さをしません。当然ですが普通の状態であれば歯槽膿漏にもなりません。日頃からしっかり意識をして口内ケアをすることが重要です。

しかし歯磨きを疎かにしてしまい、歯垢が溜まっていく状態が続いてしまうと細菌まで繁殖してしまい、口の中がネバネバした状態になってしまいます。年齢を重ねると誰しもが口内のネバネバ感を感じてしまうものです。これは細菌が大きく影響しています。

歯垢と細菌は密接な関係があります。細菌は歯垢が大好きです。歯垢の周辺には多くの細菌が住み着いてしまいます。しっかり取り除いてあげないと、虫歯だけでなく歯槽膿漏になってしまいます。早い段階で歯垢を取り除いてあげないと、どんどん硬くなってしまいます。そうすると歯石になって普通の歯磨きでは取り難くなってしまいます。そうなると早い段階で歯科医師に除去してもらわないと、歯槽膿漏の進行を早めてしまいます。